お問い合わせ先

有限会社タイヤチップセンター
社屋外観 〒827-0003
福岡県大野城市
御笠川1-16-13
TEL:092-503-0002
FAX:092-503-0095


エコアクション21

ふくおかエコライフ応援サイト

福岡県産業廃棄物協会



トップページ > 会社概要 > CO2削減への取り組み
CO2削減への取り組みタイトル

環境への配慮 ~私たちに出来ること

地球温暖化防止対策タイトル
私たちはエコアクション21の活動をとおしてCO2削減に取組んでいます。
  • 二酸化炭素排出量(23.7Kg-CO2/t以下)
    指数計算でタイヤ1トンを回収して処理する時に排出するCO2の量を算出したものです。収集運搬車両が使用する燃料、工場の機械の稼動に使用する電力を基に計算していますので、燃料と電力の使用量に削減目標を設定して取組んでいます。

    • 収集運搬車両が使用する燃料を削減すること
      エコドライブ・アイドリングストップを徹底、高速道路等を有効に利用して効率良く移動することでCO2排出量の削減に努めています。 各車両毎の走行距離と燃料使用量を車両月報を使って管理しています。
    • 電気の使用量を抑えること
      工場では休憩時間の消灯、事務所のエアコンの設定温度を決めるなど不要電力消費の抑制に努めています。
      デマンド警報機を設置して機械の運転をコントロールし作業の効率化を図っています。
  • 廃棄物排出量(3,460Kg以下)
    会社からでるゴミの削減目標です。きちんと分別し、再利用・再資源化を徹底してゴミの量を減らしています。昨年度まで2年連続で大幅減量に成功し、さらに前年比1%減の目標に向けて頑張っています。
  • 定期的にエコ会議で業務改善について検討します
    環境のために自分達が出来ることは何か、また取り決めたことを実践できているかどうか、定期的に社内会議を実施しています。

廃タイヤ循環タイトル
タイヤは車の重量を支え、アスファルトの上を高速で回転しながら移動していくという過酷な使用に耐えるように作られています。そのため、内部には何重にもワイヤーネット等が織り込まれ、ゴムそのものにも添加剤が加えられており、リサイクルが困難な製品です。一部は再生タイヤや中古タイヤとしてリサイクルされるものもあります。

私たちは廃タイヤを小さく切断して、大手製紙工場やセメント工場などタイヤを安全に燃やすことの出来る設備がある工場に燃料として供給しています。

しかし、必要な量を供給できなくては代替燃料として定着することは出来ません。大都市で大量に発生し、また広域に細かく散在する廃タイヤを迅速に回収して量をまとめ、あてどころのある、代替燃料(化石燃料→石油・石炭等に代わるもの)として安定供給することが私たちの仕事です。

このページの先頭へ